SAPの統合
リアルタイム情報
完全に設定可能
Ultilizes SAP SOA
ShipAES -AESダイレックスモジュール

Built-inされているSAP AESソリューションへのリクエストが回答されました!

米国で2,500ドルを超える商品を輸出する企業の場合、米国貿易規則では、輸出情報を自動輸出システム(AES)を通じて電子的に提出する必要があります。 Electronic Export Information(EEI)は、以前はShipper's Export Declaration(SED)とも呼ばれ、輸出統計と輸出管理の2つの目的を果たしています このエクスポートドキュメンテーションは、トランザクションの関連するすべてのエクスポートデータを報告します。 これまで、輸出情報を提出する唯一の方法は、国勢調査局のAESDirectと呼ばれるWebベースのシステムでした。

ShipAES™ソリューションは、出荷プロセス中に輸出情報の提出を自動化するSAP ERPを実行する企業に提供します。 ShipAES™は、輸出コンプライアンスを確実にするために出荷または出荷レベルで検証します コンプライアンスを遵守すると、申請はAESDirectに提出され承認されます。


SAPの統合

“Built-In vs Bolt-on”SAPの統合

EEIファイリング

出荷のためのEEIファイリングの提出

EEIモニタリング

外部取引番号(XTN)と内部取引番号(ITN)のステータスを継続的にチェックします。

EEIレポーティング

出荷時の取引番号のレポート

貿易規制

輸出に関する米国の外国貿易規則のコンプライアンス保障

ペナルティ防止

ペナルティーおよび罰金の防止


 

ShipERP出荷ソリューションはSAP ABAPで全てに書かれています。 技術の中心はmajor carrierとSAP内のWebサービスから直接繋ぎコミュニケートできる技術であり Service Oriented Architecture(SOAメソドロジに従うことにより、ShipERPアプリケーションをキャリアとシームレスに統合し、出荷と追跡のリアルタイム処理を提供することができます。

キャリアがサービスオリエンテッドアーキテクチャ(SOA)をサポートしていない場合、ShipERP製品はHTTP POSTまたはEDI処理でXMLを利用してキャリアと通信することもできる。 統合のための他のオプションはShipERPに荷を積まれるキャリアのアルゴリズムか事前生成された追跡番号を使用して追跡番号の生成を含んでいる。 どのようなインテグレーション方法でも、ShipERPはそれをサポートすることができます。

ShipERPのSAP内でのSOAの設計と使用は、SAP Integration and Certification Center(SAP ICC)によって徹底的に見直され、テストされ、「SAP Certified ABAP Add-On and Powered by Netweaver」の認定を受けています。 この認証は、ShipERPがSAPの厳密な統合要件に準拠し、この「組み込み」ソリューションが安定性と技術効率を提供することを保証します。 認証プロセスの一環として、ShipERPには独自のネームスペースが与えられます。 つまり、ShipERPには、他のSAPトランザクションおよび顧客固有のトランザクションと区別され、顧客固有ではない固有のトランザクションであります。 ShipERPマルチキャリア配送ソリューションのnamespaceは/ ERPIS/SHIPERPです。 これにより、製品のオーバーライドを防止してアップグレード中の構造と編成を提供します。 ユニークなネームスペースを使用すると、名前の競合が防止されるだけでなく、ユニークなネームスペースに組み込まれた分散オブジェクトの不正な変更も防止されます。 SAP内に独自のnamespaceを設置数に対して確保される 譲渡することはできず。SAPの特定のインストールにのみ登録して使用することができます。 Namespaceには、開発と修理ライセンスキーも付属しています。 固有のネームスペース開発ライセンスキーの所有者のみが、独自のネームスペースにオブジェクトを作成できます。 独自のネームスペースで構築された製品の受信者は、修復ライセンスキーをネームスペースの所有者から受け取らずに、配信されたオブジェクトを修正または修復することはできません。

認定されたSAPソリューションであるShipERPは、SAP SAINTトランザクションを介してインポートされるパッケージとして顧客システムに提供されます。 これはShipERPサポートパッケージを簡単実行できおよびSAPのサポートメソドロジーに一致する スケーラビリティと正確な変更管理は、このプロセスによって実現されます。 インターナルBasisチームはこの機能をサポートすることができ、これにより顧客のスタッフが能力を発揮し、最終的なコスト削減に貢献します。

 

ERP-Integrated Solutions、Inc.(ERP-IS)は、ShipERPの実装とその実装に関連するベストプラクティスに基づいて、倉庫/作業労務の削減が達成されると確信しています。 ERP-ISのフル機能の出荷ソフトウェア(ShipERP)は、以下のハードウェア/ソフトウェア環境と互換性があります。

ハードウェア:
  • NetWeaverサーバー(SAP R/3 4.7)
  • バーコードスキャナーをかくpick/shipターミナル(オプション)
  • バーコード プリンター(Zebraが好ましい)
  • スケール(オプショナル)
  • SAP GUIがインストールされてるワークステーション
ソフトウェア:
  • SAP ECC 6.0または
  • SAP ECC 5.0または
  • SAP R/3 4.7

スクリーンショット